顔のたるみがひどいのは、加齢によるもの?

顔のたるみがひどいのは、加齢によるものと思っている人は多いようですが、それだけの話ではありません。
たるみの原因となるNG習慣の集大成である部分が、意外と大きいのです。

 

まず、顔のたるみがひどい人に多くみられるのが、頬杖をつく習慣です。
手からの圧力で頬の肌が伸ばされる格好となり、長い時間をかけて肌がたるんでくるのです。

 

また、目をこすってばかりの人もいますが、これも顔のたるみがひどいのを助長するNG習慣です。
まぶた周辺の肌が伸びきった状態になり、常に寝不足なような印象を与えるなどマイナス面もあります。

偏った動作も、顔のたるみがひどい状態の原因に

他には、偏った動作も、顔のたるみがひどい状態の原因になり得ます。
食事で、片側ばかりでかむ癖のある人は多いのですが、口元が歪みやすくなり、たるみを作ってしまいます。ほうれい線を深くすることにもなります。

 

夜は、寝る時に横向きになって寝る習慣でも、枕に圧迫された側の肌が伸ばされ、たるみができていきます。
骨格が歪むことから、たるみにも影響を与えるのです。

 

ちなみに、半ば生まれつきなのでしょうが、口がへの字になっている人も要注意です。
頬や目元の筋肉も同時に下がった状態なので、たるみができやすいのです。
外見上も、不満が多そうなマイナスな印象を与えがちで、口角を上げるエクササイズに努めたいところですが、一番良いのは日ごろから笑顔でいることです。

顔のたるみとひどい肩こりとの関係

補足として、顔のたるみがひどい人は同時に、ひどい肩こりが大半とも言われます。
猫背の人は、顔の皮膚が重力の影響でたるがちです。
最近では、歩きスマホやケータイで、うつむくのが習慣化した人が増加傾向にあり、たるみトラブルの低年齢化が懸念される次第です。

化粧水やクリームでたるみケア

手術などの高いリスクなしに、毎日のスキンケアがたるみ対策になる…それができる化粧水やクリームもあります。
愛用者の口コミやメーカーでのテスト結果などから、その実績は確かなようです。
詳細はこちらからどうぞ
顔のたるみに応えた化粧水&クリーム